プログラムディレクターによるプログラム紹介

program director
デライトものづくり宣言! プログラムディレクター 佐々木直哉

「デライト」とは「喜び・魅力・驚き」であると、プログラムディレクターの佐々木直哉は語ります。本プログラムでは、従来から評価の高いわが国ものづくり産業の品質・機能に加えて、この「デライト」な価値をユーザーに提供できるようにする「革新的設計・生産手法」である「デライトものづくり」を確立することを目指しています。「デライトものづくり」の実現により、国際競争の激化で失われつつある、わが国のものづくり産業の輝きを取り戻します。

消費者を「わくわく」させるのがデライトものづくり

私はシミュレーション技術について研究してきたため、製品設計も含めてものづくり全体に長年関わってきました。それだけにわが国のものづくり産業の現状を見渡すと、その再生のためには、グローバルで勝てる革新的なものづくりを確立する必要があると痛感してきました。
消費者が製品・サービスに求めるのは、品質や性能だけでなく、商品を手にした「喜び」や「満足感」だからです。高度成長期には、カラーテレビやマイカーを購入することが大きな喜びでした。しかし、ものが充足した現在、「わくわく」するような魅力的な商品を提供することは、とても困難になっています。
一方、わが国のものづくり産業には、川上領域(材料・部品等)と川下領域(製品・サービス・システム等)とのコミュニケーション不足や、「価値設計」「デザイン」「発想」などの領域と「生産」「製造」領域間のコミュニケーション不足が存在していて、そうした消費者を「わくわく」させるものづくりを、よりいっそう難しくしています。
いま消費者に「喜び」を提供するには、「ものやサービスを利用することによって生まれる新たな価値を想定し、何を作るべきか考える」という視点が、川上、川下ともに重要で、さらにその両者がこの視点を共有し、連携していく必要があります。そこで本プログラムでは、様々なテーマやアプローチで、コミュニケーション不足の解消と連携の強化や深化に取り組んでいます。

地場企業や中堅中小企業も連携すれば世界市場がみえる

また、わが国には、優れた材料・部品技術を持つ地場企業や中堅中小企業が数多くあります。ただし、そうした企業も単独では、自らの優位な技術を価値ある製品に生かしていくことは困難です。
そこで、地場企業や中堅中小企業の強みを生かす連携ネットワークを形成することで新たな価値を創出し、さらに、その連携の成功例を他の地域・製品分野に波及・展開することで、わが国の産業全体の底力を向上させることが必要となっています。
欧米でも国家機関と大学、企業の連携による研究開発、人材育成、先進的な工業生産技術の開発などが意欲的に推進されています。わが国も、これに先んじて世界をリードする「革新的なものづくりスタイル」を構築することが、グローバル競争においてきわめて重要となっています。

多様なイノベーションスタイルの実証・実践

本プログラムは「超上流デライト設計手法の確立」と「革新的生産・製造技術の研究開発」の2つの研究開発項目で推進されています。そして、研究開発の推進方法の新たな仕組みとして「イノベーションスタイルの実証・実践」にも取り組んでいます。
どんなイノベーションの実現にも、ユーザーの参加が欠かせません。そこで本プログラムでは、研究開発成果を実際のものづくりに適用し、成果を使用した企業や個人ユーザーの意見を得て新たな問題点を洗い出し、研究開発に迅速にフィードバックする仕組みとしてイノベーションスタイルの試行を、実践しています。
「仮説」「試作」「テスト」「評価」「フィードバック」を繰り返し行うことで、開発のブラッシュアップだけでなく、当初気付かなかった高付加価値なニーズの発掘も可能となっています。
一例としては、基礎的な原理解明などに重点を置く「大学」、消費者や企業ユーザーとのコミュニケーションを重視する「企業」、地域社会を含めて広くユーザーに技術を展開する「公的研究開発機関」などが連携し、さまざまなイノベーションスタイルを編みだし、展開しています。

想定シナリオ以上の成果を目指して

本プログラムには、「医療・福祉」「産業製品」「コンシューマー製品」「エネルギー」など幅広い分野にわたる先進的なテーマが採択されています。また、産業系から個人向け製品・サービスまで、幅広いユーザーを対象にした研究開発も多くそろっています。
さらに、地域の特色ある中小企業が参画するテーマも数多くあります。その中には、私たちが想定していなかったような斬新なテーマもあって、今後の展開に大いに期待をよせています。
こうした方法で、革新技術や新しいものづくりスタイルを確立し、5年後には当初シナリオの出口はもちろんのこと、そのものづくりスタイルを活かした新たな製品やサービスの実用化、普及に向けた取り組みにつなげていきます。

Profile
佐々木 直哉
1982年株式会社日立製作所入社、機械系基盤技術シミュレーションの普及・開発に従事、2014年より現職
日本機械学会フェロー、日本計算工業会理事、日本トライポロジー学会会員、工学博士