— 現場立脚型 —

市場流通材のスーパーメタル化開発

Development of supermetals by processing of metallic raw materials 匠の技を次世代に、グローバルトップの金属表面処理技術確立に挑む
委託先
長岡技術科学大学

背景

わが国には、地域に根付いた世界トップレベルの金属加工・仕上げ技術があります。一方、地域活力の低下は著しく、それらの加工・仕上げ技術を支えていた「暗黙知」「技」「匠」の技能経験が伝承されにくくなっています。その結果、「プロフェッショナルメーカー」の強みとされているものづくりの優位性が低下してきています。

目標

本テーマでは、そうした地方のプロフェッショナルメーカーが有する材料・加工技術を、新たな価値を付加する製造技術に高めていくことを目指しています(図1)
市場流通材に新たな価値を付加することで新興工業国には真似できない革新的金属表面処理技術(高耐摩耗化・高耐食化・高摺動化)を実用化して、グローバルトップ技術の獲得を目指します。
これにより地域産業を活性化し、人々の雇用と生き甲斐を育んでいきます(図2)

(図1)生産の形態
(図1)生産の形態
(図2)新しい産学融合のモデル図
(図2)新しい産学融合のモデル図

実施内容

具体的な技術開発の内容としては現場装置の定量的科学的検討を通して、

  1. 浸硫窒化による高耐摩耗化
  2. 真空熱処理による高耐食化
  3. 複合めっきによる高摺動化
  4. 地域に根付いた世界トップレベルの金属加工
  5. について研究開発を進めています。

現場立脚型

  • クラスタから選ぶ
    • 超上流デライト設計・生産
    • 最適化設計・生産
    • 革新的材料3D造形
    • 加工技術の複合化・知能化
    • 革新的複雑造形
    • 現場立脚型
    • 全てのクラスタから選ぶ
  • 技術俯瞰から選ぶ
    • 地域拠点・コンソーシアム
    • 製品設計
    • 材料
    • 加工技術
    • 生産技術
    • 応用展開・最終製品
    • 全ての技術俯瞰から選ぶ